すぐに使えるウルトラコンパクトPC GIGABYTE「GB-BSi3HA-6100-BA-BWJP」登場



省スペース・省電力が特徴となるウルトラコンパクトPCは、リビング用のセカンドPCやオフィス、デジタルサイネージなど利用の幅を広げています。
GIGABYTEのウルトラコンパクトPC「BRIX」シリーズに、Intel Core i3-6100U(2.3GHz)を搭載するモデルが登場、日本市場でも展開開始しました。
RAMは4GB(DDR4-2133)を標準搭載、最大32GB(SO-DIMM)まで拡張可能。端子類は前面にUSB3.1、USB Type-C、背面にイヤホンマイク端子、HDMI 1.4a、Mini DisplayPort 1.2、USB 3.0×2、Ethernet(RJ45)を備えています。

前面のUSB Type-Cコネクタ(USB 3.1対応)は、最新のスマートフォンやデジタルカメラなどと簡単に接続して高速でデータを転送できるため、対応デバイスのユーザーには嬉しいところでしょう。

ストレージはM.2 SSD接続の120GB SSDを標準搭載。トップカバーを開いて、2.5インチ SATA(6Gbps)SSD/HDDを増設することも可能です。

搭載OSは「Windows 10 Home」。BRIXシリーズはTVに接続するだけで利用できるため、パソコンの置き場所やモニターの置き場所に困ることがなく、部屋を広く使えるのがメリット。標準で、ストリーミングゲームプレイ(PCからXboxをリモートでプレイする機能)をサポートしているので、ゲームコンソール「Xbox One」を組み合わせるとより楽しみの幅が広がりそうです。