LEDで光る分割キーボード「Barocco MD600 RGB」発売


Mistelは、2つに分割できるキーボード「Barocco MD600 RGB」を発売しました。キー配列はUS配列のコンパクトな62キー。キーボードのベゼル部分が狭くなっており、置く場所を選ばない省スペース設計となっています。

Baroccoの特徴は、数字キーの「5」、英字キーの「T」「G」「B」から左右に分離できるところ。分割することで両手のホームポジションを自然な位置にすることができるほか、コンパクトにして持ち運びやすくなるというメリットもあります。

さらにキーボードマクロ機能の設定や、標準キートップの「QWERTY」レイアウトのほかに「Dvorak」、「Colemak」レイアウトの設定もプログラミングされており、好みのレイアウトで使用できます。キーキャップは付属の工具で引き抜くことができるので、キーボードレイアウトに合わせてキーキャップを入れ替えることも可能です。

そしてこれだけのマニアックな機能に加えて、RGBカラーLEDを搭載。Reactive / Ripple / Aurora / Rain Drop / Light Up / Breathing / Waveといった発光モードが用意されており、輝度や速度変化などを調整することもできます。

コンパクトながら、自分が使いやすい角度にできるエルゴノミクスキーボードで、派手な発光ギミックも搭載。キーボードにこだわりたい方にオススメです。