GIGABYTE、X399搭載マザーボード「X399 AORUS Gaming 7」発表 


 

GIGABYTE Technologyは、「AORUS」シリーズの新製品として、AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」に対応するX399搭載マザーボード「X399 AORUS Gaming 7」を発表しました。

ゲーマーやパワーユーザー向けのAORUSシリーズということで、ハイエンド冷却ソリューション、デジタルLEDサポート、M.2プラグ放熱装備、4wayディスプレイ出力、新しい電源設計、GIGABYTE独自のRGB FusionとSmart Fan 5などを含む製品です。

Ryzen Threadripperが備える3つのPCI Express(Gen3)x4接続可能なNVMe M.2インターフェースと、USB 3.1 Gen. 2接続を完全にサポート。耐久性の高い電源設計を採用することでRyzen Threadripper の優れた処理能力を最大限に引き出します。

マザーボードに搭載するRGB LEDライトは「RGB Fusion」テクノロジーに対応し、ライティング設定のカスタマイズを可能としています。

システムが最適な温度設定で動作させるための「Smart Fan 5」、M.2ドライブの動作温度を下げる「M.2 Thermal Guard」、「4-way AMD CrossFire」および「4-way NVIDIA SLI」のグラフィックパフォーマンスをサポートします。

ネットワークには「Killer E2500イーサネットコントローラ」を搭載。内蔵するネットワークコントローラシステムで、安定した接続と低遅延、高速ダウンロードにより快適なオンラインゲームが楽しめます。

 

 

 

保存保存