AMDの高速GPU「RADEON RX VEGA 64」搭載のグラフィックボード登場


 

アスクは8月21日、AMD製のハイパフォーマンスGPU「RADEON RX VEGA 64」を搭載するSapphire Technology製グラフィックスボードを発売します。

ラインナップは、標準モデルの「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2」、メタルボディとイルミネーション機能を備えた限定デザインモデル「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION」、水冷冷却ユニットを搭載するハイパフォーマンスモデル「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING」の3製品となっています。

 

RADEON RX VEGA 64 8G HBM2
RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION
RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING

 

それぞれに搭載されるRADEON RX VEGA 64は、シェーダープロセッサを4096基、演算ユニット64基、テクスチャユニット256基を搭載。第2世代となる広帯域の大容量キャッシュメモリ HBM2 8GBを搭載し、高いレベルの電力効率とメモリ性能を確保。VRや高解像度でのゲーミングにおいて優れたパフォーマンスを発揮してくれます。

 

バスインターフェースはPCI Express 3.0×16、ディスプレイ出力にはDisplayPort 1.4×3とHDMI 2.0b×1を備えており、マルチディスプレイでの環境作りをサポートしています。

なお、標準モデルおよび限定デザインモデルのベースクロックは1,247MHzで、ブーストクロックは1,546MHz。水冷冷却ユニット搭載モデルのベースクロックは1,406MHzでブーストクロックは1,677MHzと、高い静音性を備えながら、空冷モデルよりも高クロックなモデルとなっています。

予想市場価格は、標準モデルおよび限定デザインモデルが7万4,000円前後、水冷冷却ユニット搭載モデルが8万6,000円前後(税別)です。

 

保存保存

保存保存

保存保存