インテルから第8世代Coreプロセッサ!まずはモバイルPC向け「Uシリーズ」


Intelは8月21日、第8世代「Core」プロセッサを発表しました。今回発表されたプロセッサは主にUltrabookを初めとするモバイルPC向けの「Uシリーズ」です。

コードネームは「Kaby Lake Refresh」で、14nm+プロセスルールで製造されるものとなります。今回ラインナップされたモデルは「i7-8650U」(ベースクロック 1.9GHz/ターボブースト 4.2GHz)、「i7-8550U」(同1.8GHz/4.0GHz)、「i5-8350U」(同1.7GHz/3.6GHz)、「i5-8250U」(同1.6GHz/3.4GHz)の4製品。すべて4コア8スレッドとなっており、マルチコア性能の向上が期待されます。

一方で、ベースクロックが第7世代と比較すると低く、性能向上と消費電力とのバランスが気になるところです。Intelからは、第7世代と比較して40%の性能向上があると発表しています。

内蔵GPUは「UHD Graphics 620」となり、第7世代とベースクロックは同じですが最大動作クロックが引き上げられています。

第8世代でクアッドコアとなったi7とi5ですが、それぞれ動作クロックの違いのほかにL3キャッシュの容量がi7が8MB、i5が6MBという違いがあります。

今回はモバイルPC向けプロセッサの発表でしたが、今後は低消費電力PC向けの「Yシリーズ」、パフォーマンスラップトップ向けの「Hシリーズ」、そしてデスクトップPC向けの「Sシリーズ」の発表が控えています。