EIZO、アクティブスタイラスペンが利用可能なタッチパネル搭載モニターを発表


EIZOは9月1日、23型ワイドタッチパネル液晶モニター「DuraVision FDF2382WT」を10月30日、と同じく17型の「DuraVision FDS1782T」を9月14日に発売することを発表しました。

同製品の特徴は、Windows 10などで利用可能な10点タッチに対応していること。また、新たにアクティブスタイラスペン(別売)を使った細やかな入力に対応しています。タッチパネルは「投影型静電容量(PCAP)方式」を採用し、タッチだけではなくドラッグやフリップ操作がしやすく、耐久性にすぐれています。

ディスプレイパネルは視野角の広いIPSパネルを使用し、多人数でのタッチ操作利用にも適しているとのこと。さらに表面硬度5Hのガラス構造とタッチ耐久性5000万回を実現した高い堅牢性が特徴です。

DuraVision FDF2382WTはフルHD(1920×1080ドット)、価格はオープンプライスですがEIZOダイレクト標準価格として97,509円(税込)。DuraVision FDS1782TはSXGA(1280×1024ドット)、価格は同じく108,000円(税込)で案内されています。

DuraVision FDF2382WT
DuraVision FDF2382WT
DuraVision FDS1782T
DuraVision FDS1782T

この2製品は業務用のモニターですが、Windows 10のタッチパネル操作やアクティブスタイラスペンを利用したクリエイティブ作業などにも使えるため、デスクトップPCやモバイルノートPC、NUCなど幅広く応用が効く製品です。