GIGABYTEがAMD Ryzen Threadripper対応「X399 DESIGNARE EX マザーボード」発売



GIGABYTE TECHNOLOGYは、AMD Ryzen Threadripper プロセッサー用の「X399 DESIGNARE EX」マザーボードを発売しました。

X399 DESIGNARE EXは、レンダリング、ストリーミング配信、コンパイルやエンコードなど、クリエイティブやビジネスそして遊びに関しても最大のパフォーマンスが引き出せます。

グラフィックスパフォーマンスを最大限に引き出せるよう、48 PCIe Gen 3レーンを有し、マルチグラフィック構成を可能にする4-Way AMD CrossFireおよび4- Way NVIDIA SLIをサポートしています。

主な特徴として、Quad Channel ECC/ Non-ECC Unbuffered DDR4, 8 DIMMs, 3600MHz+(OC)、フロント & リア USB 3.1 Type-C インターフェース、4-Way グラフィックス対応(Dual Armor および Ultra Durable設計)、サーバー級デジタル電源設計で金メッキ電源端子採用など。

ストレージへの高速アクセスを可能とするMD Ryzen Threadripperプラットフォーム用のNVMe RAIDが使用可能で、複数のNVMe SSDをRAID 0,1または10アレイに組み合わせることで、画像処理やデータベースなどのパフォーマンスを向上させることができます。

4-Wayまたは3-Wayのグラフィックス構成で全帯域幅が利用可能です。ユーザーが可能な限り最高のグラフィックス帯域幅を得るために、CPUからの48レーンすべてを100%利用するユニークなPCI Expressデザインが採用されています。