インテルがAMDのカスタムdGPUを搭載した第8世代「Core」プロセッサを発表


高性能CPUとAMDのカスタムディスクリートグラフィックスを組み合わせた新しいインテル「Core」プロセッサ

米インテルは、高性能とAMDのカスタムディスクリートグラフィックスを組み合わせた新しいインテル「Core」プロセッサを発表しました。発売時期は、2018年第1四半期を予定しています。

今回AMDのGPUを搭載することが発表されたプロセッサはハイエンドノートPC向けの「Core H」シリーズとデスクトッププロセッサー向けとしています。モバイルPCの分野では第8世代「Core U」シリーズは4コアでパフォーマンスを向上していますが、Core Hシリーズはマルチコア+高性能dGPUによるゲーミングを含めたパフォーマンスの向上に期待できそうです。

高性能CPUとAMDのカスタムディスクリートグラフィックスを組み合わせた新しいインテル「Core」プロセッサと従来プロセッサの比較またdGPUのスペースおよび廃熱のためのソリューションを1チップにすることでマザーボード上のレイアウトの自由度があがり、廃熱やバッテリーのためのスペースなどに活用できるとしています。

デスクトップ向けも、ミドルクラスの安価なゲーミングPCやコンパクトなデスクトップPCなども期待できそうです。