インテルがAMD製dGPU搭載「Core i7-8809G」など5モデルを正式発表



米インテルは、Kaby LakeプロセッサとAMDのカスタムディスクリートグラフィックス「Radeon RX Vega M Graphics」を組み合わせた開発コード名Kaby Lake-Gの「Core」シリーズを正式にアナウンスしました。

Kaby Lake-Gのラインナップは、いずれも4コア/8スレッドのCore i7およびCore i5。最上位モデルの「Core i7-8809G」は、ベースクロック3.1GHz、ターボブースト時のクロックが4.2GHz。「Radeon RX Vega M GH Graphics」を搭載しています。「Core i7-8709G」は、ベースクロック3.1GHzで「Radeon RX Vega M GH Graphics」を搭載するのは最上位モデルと同様。ターボブースト時のクロックが4.1GHzとなります。TDPはどちらも100W。

「Radeon RX Vega M GL Graphics」を搭載するのは「Core i7-8706G」、「Core i7-8705G」、「Core i5-8305G」の3モデル。i5のみベースクロックが2.8GHz、ターボブースト時のクロックが3.8GHzとなりますが、i7と同様に4コア8スレッドです。こちらの3モデルのTDPは65W。