GMOインターネットが仮想通貨マイニング事業向けの12nmFFCプロセス技術のチップを開発


 

GMOインターネットは、半導体設計技術を持つパートナー企業とともに、12nmFFCプロセス技術を用いたマイニングチップの開発に成功したことを発表しました。

このマイニングチップは欧州法人を通じて展開する仮想通貨の採掘(マイニング)事業向けの高性能なマイニング用コンピューター「次世代マイニングボード」を実現することが狙いです。

 

 

なお同社の発表によると、12nmFFCマイニングチップは研究段階の第一段階としています。ビットコインやビットコインキャッシュで使われている暗号化のアルゴリズム「SHA256」マイニングの論理回路の検証の完了と、マイニングのASICとしては世界最先端となる12nmでマイニング半導体の開発の成功が、7nmプロセス技術を用いた半導体チップの実現に向けての重要なマイルストーンと位置づけています。

2018年上半期中の「次世代マイニングボード」の投入に向け、引き続き「7nmプロセス技術を用いたマイニングチップ」の研究開発を進めるとしています。